【ママ×口コミ】夏におすすめ!地元の人に愛される、赤木名海岸!

うがみんしょーらん!
奄美大島にIターンして7年目の「*3kids*ママ」です。

今回は、奄美大島の北部、奄美市笠利(かさり)町にある「赤木名(あかきな)海岸」をご紹介します♪

(MAP)https://goo.gl/maps/MVYA8eaS2Sz

※「赤木名」は正式な地名ではなく「外金久・中金久・里」の、3つの集落をあわせた総称です。

 

穏やかな海流と遠浅(とおあさ)な砂浜のビーチ

笠利町外金久(そとがねく)にある赤木名ビーチは、湾内の穏やかな波と緩やかな地形が特徴的です。

緩やかに深くなるこの海岸では、驚くほど遠くまで50㎝水位が続きます。

 

子どものはじめての海デビューにはぜひおすすめしたいビーチです。

潮が引いたときには砂浜なので、思いっきり泥遊びを楽しむことができます。

安全性の高い海ではありますが、お子様からは目を離さないようにご注意ください!

 

施設完備!ゆっくりとした時間が過ごせます♪

海から上がってから気になってしまうあの悩み!
そう、砂落とし!

ペットボトルに水を入れて準備して…
そのような経験もあるかと思います。

 

しかし、この赤木名海岸では、そのような準備の必要がありません!

なんと温水のシャワールーム完備です♡
その他にも、トイレや遠くが見渡せる屋根付きの東屋(あずまや)、駐車場も完備されています。

 

また、赤木名にはお弁当が販売してあるお店もいくつかあります。
集落内には飲食店も!

お弁当を買って、ピクニック気分もよし♪
休憩でランチタイムもよし♪

しっかり休憩時間を取り、熱中症には注意しましょう!

 

赤木名サンセットを見に行こう!

沖の方に、湾内を見守るように立っている岩礁(がんしょう)「赤木名立神」が見えます。

毎年6月後半になると、ちょうどこの立神あたりに日が落ち、一年のうち最も美しいサンセットがみられます!

地平線に沈む夕日を見られるのは、東シナ海に面した島の西側だけの特権です♡

 

海水浴を楽しむための注意

①ゴミは持ち帰りましょう

きれいに保たれた赤木名ビーチ。

「こんなに素敵な海をいつまでもきれいにしていたい」という思いで、定期的に地元の方々住民による清掃活動が行われています。

遊んだあとはゴミの持ち帰りを徹底しましょう。

 

②その他注意

1.水分補給

遊んでいると、つい忘れがちとなるのが水分補給です。
脱水症状や熱中症を予防するためにも、こまめな水分補給を心がけましょう。

2.体調

体調が優れないときやお酒を飲んだ状態で海に入ると、事故にあう可能性が高くなるので、やめましょう。

3.休憩

長時間遊泳すると疲れて事故に遭う可能性が高まります。
定期的に休憩をとりましょう。

4.天候

天候の変化に注意し、波が高いときなど悪天候の場合は、海に入るのをやめましょう。

5.子どもだけで遊ばない

子どもだけで遊ぶのは、浅い場所であっても危険です。
必ず大人が付き添い、目を離さないようにしましょう。

 

一歩間違えれば命の危険もありますので、せっかくの海水浴が台無しにならないように楽しみたいですね。

 

海水浴だけではなく、お散歩コースとしても楽しめる赤木名海岸。

ぜひ一度足を運んでみてください♪


【赤木名海岸データ】

住所/鹿児島県奄美市笠利町外金久
設備/駐車場.トイレ.シャワールーム有り
アクセス/空港より10分


 

The following two tabs change content below.

*3kids*ママ

Iターン7年目、6歳、4歳、0歳の母です♪ 奄美の魅力にどっぷりハマり、子育てしながら奄美満喫中です♪