【さとあけレシピ】キャンプで自然に酔いしれよう!

amammy総研調べによると「Qこれからやってみたいソト遊びは?」で最多回答だった「キャンプ」。

今回は、ソトノミにぴったりの「里の曙18度」を携えて町田酒造株式会社のみなさんがキャンプに挑戦。外でみんなで飲むお酒はいつも以上においしい!

 

関連リンク:【島キャンプ】やってみたいソトアソビ第一位!奄美でキャンプをすることの魅力は?

 

ソトノミ会場設営!まずはテントを張ろう!

テントを張ってくれたのはアウトドアショップアウトドアショップ GUNACRIB(グナクリブ)の島崎さん。

みんなで力を合わせて設営!テントを広げ、ポールを立て、ペグを打ち付けたら…

 

かんせい /

今回使用したのはデンマークのアウトドアブランドnordisk-ノルディスク-のテント。

モンゴルのゲルを彷彿させるテントは、アウトドア気分をさらに盛り上げてくれます。まるで遊牧民になったかのよう!

ガーランドを装飾するとさらに可愛さアップしますよ。

 

テントを張る際のワンポイントアドバイス

◎水はけのよい場所を選ぶ

どこに張るかも重要。水はけの良い場所を選ぶのがポイントです。地面にくぼみがあったりすると、いざ雨が降った際に雨水が流れ込み、テントが浸水する恐れがあるため、場所をよく選んで張りましょう。

 

キャンプにかかせないのが焚き火!焚き火台を使い、火を起こします。

 

焚き火をする際のワンポイントアドバイス

地面で直に焚き火はNG。直火をしてしまうと、土や草や木など土の中の微生物までもを焼いてしまい、草が生えてこなくなります。

自然にやさしく、焚き火台を使い楽しみましょうね。

 

 

いざ!ソトノミスタート!

キンキンに冷やした18°のさとあけをオンザロックで乾杯!

ソトノミにおすすめなのが、18°のさとあけ (里の曙  18度  720ml  ※夏季限定)

そのまま冷やしてオンザロックがおすすめ。アルコール度数を18度に抑えているので、割る水を準備する必要もなく、冷やしておけばグビッと飲めるお酒です。まさにキャンプやソトノミに最適!氷のたっぷり入ったアイスペールにチャポンと浸からせキンキンに冷やします♪

 

さらに美味しく飲める、さとあけレシピ。

ロックで味わったあとは、焼酎にもう1つプラスしてまた違った味わいを楽しもう。編集部おすすめの割り材はこちら♡▼

ハーブ&レモン×さとあけ

口に広がる爽やかなハーブのフレーバーとさとあけの爽やかさが絶妙♡

 

 

グアバ酵素シロップ×さとあけ

フルーツ由来の自家製シロップでまろやか&ヘルシー♪ 女性にオススメです♪

 

 

お酒を飲みながらキャンプ飯!これこそキャンプの醍醐味

お酒は揃った!あと足りないものは…?そうご飯!

キャンプと言えば外で食べるご飯がお楽しみ。みんなで作って外で食べるご飯は格別!

今回はアウトドアスペースKOYAの光太郎兄に教わったレシピをご紹介します♪お酒との相性も抜群です!

チーズ×トマトがやみつき!「チキンのトマト煮」レシピ

1.菜種油でニンニクを炒める

2.「ぱちぱち」と音が鳴ってきたら、玉ねぎ・塩を投入します

3.玉ねぎがあめ色になったら鶏肉を入れて塩コショウをふります。

4.鶏肉に火が通ったらトマトソースを入れます。(お好みでローズマリーなど入れても◎)

5.コトコト煮込みます。(まだかな…)

6.いい感じに煮立ってきたら塩コショウで味を整えて完成!

仕上げにとろけるチーズをのせてできあがり!

光太郎あにのワンポイントアドバイス

とにかくきっちり作ろうとしなくていいよ〜。てげてげでも外で食べるだけで最高にうまい。大事なのは楽しむことだよ。

 

 

さとあけでかんぱい!18°の夜はまだまだつづく…

 

外で飲んでいるからか自然と心も解放的になり、いつもよりもぐいぐいお酒が進みます♪

気がつけば外は真っ暗!ランタンのやさしい灯りで、テント内の雰囲気もゆったりムードに。心地のよいBGMも欠かせません。

自然いっぱいのなかで行うキャンプは、心も身体もリラックスすること間違いなしです。ぜひソトノミ・ソトアソビに出かけてみてくださいね♪