お父さんの育児日記「子育ては自分育て」

 子育てという題材を頂いて、少し戸惑いながら文章を書いています。なぜかと言うと今まで、子育てという概念が私には無いからです。

 初めて子どもが生まれたとき、父親になった実感はありましたが、何も出来ない自分に無力さを感じていました。4人兄弟の末っ子として生まれた私は、何かと甘えて生きてきたような気がします。

 子どもが少しずつ大きくなり、2人で出かけることが多くなり、自分の父親としての立場が見えてきました。元々、自然の中で育ち、自然の中で生きてきた私は、両親から教えてもらった生き方を、そのまま子どもと共に過ごすようになっていました。

 初めて出かけた息子との場所は、東京の大岳山という標高1300m超えの山。まだ1歳になったばかりの息子をベビーキャリアで担ぎ、電車とバスを乗り継ぎ、山を登り、片道8時間かけ頂上へ。気持ち良かったのか、終始息子は寝ていました。

 この頃から、子育てというよりは、子どもが成長する過程で自分も一緒に成長したいという気持ちが強くなっていました。共感できることをより多く、と。もっと自然を満喫させたいと思い2014年、家族でに奄美へUターン。15年ぶりの島暮らしでした。ここから私と子どもたちの自然との関わりが強くなっていきます。

 元々おっとりした性格の息子。何をやらせてものんびり。しかし自然の中では違う一面も。海へ行けば魚を一突き。山へ行けば松茸を探し当て、川へ行くとタナガを捕りまくる。気がつけば、スポーツも出来るようになっていました。無理に何かをやらせるよりも、教えてもらうのはやっぱり自然だなと改めて実感しました。

 子どもの「あの生き物は?あの植物は?」という質問に対して100%答えられない私。後から調べて自慢げに答える。知らなかったことは子どもと同じレベル。それも全部踏まえて自分も一緒に成長できると感じています。
 

子育ては自分育て。

何でも吸収する子どもたちと一緒に、これからも新しいことを見つけ出せる環境を作っていきたいと思います。

           

    

(プロフィール)
お名前 【島﨑 仁志】
年齢【38歳】
家族構成【妻、息子、娘】
住用町生まれ住用町育ち。
2010年東京にてアパレルブランド「devadurga」を立ち上げる。
2014年、15年ぶりに島へUターン。
奄美の魅力をdevadurgaというフィルターを通して全国、世界各地へ発信中。


The following two tabs change content below.

amammy編集部

amammy編集部です。奄美のかわいいもの、すてきなもの、おいしいものを収集中!Facebook:@amamin.jp Instagram:shima_blog Twitter:@sima_blog